ホルモンとAGAの関係 AGA 見た目に効果

ホルモンとAGAの関係

AGA対策法のなかに、自毛植毛というものがあります。

AGAに悩まされている方は一度は聞いたことがるのではないでしょうか。


この植毛法をおススメするのには理由があります。

まず、植毛の手入れが要らないこと、植毛した箇所の毛の定着の良さ、
そしてきちんと髪の毛が伸びるということです。

このほかにも様々な良い事があります。

唯一のデメリットとしては金額が高額になるということです。

なぜ、男性にAGAの症状が多いかと言うと、
男性ホルモンの働きが活発だということが挙げられます。

女性にも男性ホルモンは存在しています。
ですが、頭髪は女性ホルモンの働きが強いため、
男性よりも女性のAGA患者は非常に少ないのです。

男性の頭髪にも実は、女性ホルモンの働きが強い箇所があります。

AGAは一般的に髪の毛の生え際やてっぺんに多くみられます。

側頭部や後頭部にAGAが発症することはごく稀です。

ということは、側頭部と後頭部は、女性ホルモンの働きが強いということになります。

自毛植毛はこの部分を使ってAGAが発症している箇所へ植毛するのです。


こうすることによって、薄くなってしまった部分に新たな命を吹き込むのです。

また、自分の健康な髪の毛を利用するわけですから安心できます。

長年、AGAに悩まされてきている方や
どんなことをしても効果がなかった方には朗報といえる方法ではないでしょうか。




AGA(男性型脱毛症)は、発症した年齢でも悩みの大きさは 大きく違ってくると思います。
特にまだ、若い世代の男性ですと 薄毛、抜け毛の悩みは余計に大きくなってしまうと思います。
実際、AGA(男性型脱毛症)を始めとする 薄毛や抜け毛、脱毛と言った悩みへの 治療方法、克服方法は 未だ絶対的には確率されていません。
ただ、克服・改善された方が 増えているのも事実です。
そんな状況をいろいろ見ていると 克服・改善された方々の多くは 『自分の髪の悩みの原因』が理解出来ていると言う事です。
原因が分かっているからその対策が具体的に打てていると思います。
症状として、AGAであったり、薄毛であったり抜け毛であったりしても その原因は人それぞれです。
それが遺伝であったり、栄養不足であったり、ストレスであったり。。。
まずは自分を理解する事から始めてみてはいかがでしょうか。
その手助けが出来たらと思っております。

そして、髪の悩みから1日も早く解放される事を 心より願っております。