低体温はAGAになりやすい AGAの原因を探る!

低体温はAGAになりやすい

AGA(男性型脱毛症)で悩んでいる人の中で「低体温症」の人は少なくありません。

AGAと「体温」はかかわりが深く、
特に「低体温症」がAGAの一因であると言われています。

低体温は体や健康に様々な影響を及ぼしています。

中でもAGAとのかかわりでいうと
「栄養吸収と新陳代謝の悪化」という問題があります。

簡単にいうと、体に必要な栄養が不足しがちになるというもので、
髪に必要な栄養などが十分に摂取できません。

発毛や育毛に悪い影響がでてきます。

どんなにバランスのとれた健康で栄養豊富な食事を心がけても、
栄養の吸収率が悪いために体に必要なものが吸収されずに体外に出てしまうからです。

「冷え性体質イコールAGAになりやすい体質」ということに繋がります。

望ましい体温は36度台後半なのですから、
体温が35度台や36度前半という人は体温を上げるために何かする必要があります。

体を温めるのに効果的なものには
「ショウガ等の身体を温める食材を摂り入れる」
「身体を冷やさない」
「シャワーよりも風呂に入る」
などがあげられます。

でも、冷え症で悩んでいる人は、
これだけで良いというわけにはいかないのが現実です。

何かもう一つ効果的なものが必要なのです。

そこでお勧めなのが「足湯」です。足湯は難しいことは何も必要ありません。

それほど費用もかかりません。
それでいて、はっきりと効き目を実感できる「最も効果的な体温上昇法」だといえます。




AGA(男性型脱毛症)は、発症した年齢でも悩みの大きさは 大きく違ってくると思います。
特にまだ、若い世代の男性ですと 薄毛、抜け毛の悩みは余計に大きくなってしまうと思います。
実際、AGA(男性型脱毛症)を始めとする 薄毛や抜け毛、脱毛と言った悩みへの 治療方法、克服方法は 未だ絶対的には確率されていません。
ただ、克服・改善された方が 増えているのも事実です。
そんな状況をいろいろ見ていると 克服・改善された方々の多くは 『自分の髪の悩みの原因』が理解出来ていると言う事です。
原因が分かっているからその対策が具体的に打てていると思います。
症状として、AGAであったり、薄毛であったり抜け毛であったりしても その原因は人それぞれです。
それが遺伝であったり、栄養不足であったり、ストレスであったり。。。
まずは自分を理解する事から始めてみてはいかがでしょうか。
その手助けが出来たらと思っております。

そして、髪の悩みから1日も早く解放される事を 心より願っております。